飯塚有紀子の年齢とプロフィール!出身高校や大学は?教室や結婚もチェック!!

さて、そろそろバレンタインの季節。

女子たちも手作りチョコレートに奮闘しているのではないでしょうか?

今回は手作りのお菓子作りといったらこの人。

飯塚有紀子(いいずかゆきこ)さんです。

なんとNHKのきょうの料理「COOK9」で簡単なチョコレート作りを紹介してくれるそうです。

失敗しない「ショコラショー」の作り方や「ホットチョコドリンク」も教えてくれるとか!

また北イタリアの伝統菓子。サラミチョコレートも紹介してくれるそうですよ。

番組を見ているだけで、甘くてとろけそうです。

何だか楽しみですよね。

今回はそんな料理研究家、フードコーディネーターの飯塚有紀子さんについて記載したいと思います。

最後までお楽しみください。

年齢とプロフィール

まずは、飯塚有紀子さんのご年齢とプロフィールからいきましょう。

1974年東京生まれの今年(2018年)で44歳という事になりますね。

はじめてお菓子をひとりでつくったのは、彼女が7歳の頃だったようです。

中学の頃にはレシピ本を見ながら和菓子や洋菓子を夢中になって作っていたそうです。

大学卒業後、青山のデザイン事務所でも働いていた経験があるそうですで、

その経験を生かして現在はレシピ本のデザインやパッケージデザインなども手掛ける腕前。

料理研究家でありながらデザインの才能もあると言うなかなかこの世界にはいないタイプです。

現在は東京の浅草橋を拠点に活動しているそうです。

高校や大学は?

高校や大学については公開していない為、どこに通っているか解りませんでした。

大学在学中より料理研究家のもとで本格的にお菓子を学ばれたそうです。

小さい頃からお菓子作りが好きだったこともあり大学も、もしかしたらそういった関係の学部に進まれたのかも知れません。

また、大学以外にもフードコーディネータースクールや専門学校グラフィックデザイン科で学ばれ、

料理のほかに、デザインの勉強をされるといった非常に努力家な一面があります。

飯塚有紀子さんの作るお菓子については非常にお洒落で、写真の撮り方が非常に美しく見えるのは、デザインを勉強されているからでしょう。

教室について

2000年からお菓子教室「unpur…(アンピュール)」を開催しているそうです。

クラスは8人までの少人数制。じっくり学ぶことが出来ます。

月替わりで学べる「マンスリークラス」と1年間でお菓子を学ぶ「ベーシッククラス」があります。

テーマは「家できちんと作るお菓子」。

お菓子は作るより買う方が楽で、家で作るのは、時間はかかりますね。

しかし、お菓子を作る楽しみ。作った時の達成感は、何事にも代えがたいです。

この教室に通えば、家で作る事の楽しみを再認識するはず。

「unpur…(アンピュール)」はフランス語で「純粋な」「まじりけのない」のと言う意味だそうで、

純粋にお菓子を作りを楽しみたいという意味が込められているのかも知れません。

フランス語なので、言葉になんともお洒落な雰囲気が漂っていますね。

教室ではお菓子を中心に作り、最後は試食になります。

チョコレートなどお洒落なものも良いですが、

個人的には郷土料理のお菓子も好きなので、ちんすこうなどが教室で取り上げているとまた違った魅力があるかも知れません!

結婚について

結婚に関しては解りませんでした。

年齢的には結婚や子供がいらっしゃってもおかしくはないですね。

もし、子供がいらっしゃった場合、

毎日手作りのお菓子が食べられて子供も幸せだと思います。

まとめ

今回は飯塚有紀子さんについて記載しました。

料理研究家としてグラフィックデザイナーとして、インスタ映えをするお菓子は非常に多くの人を魅了し続けます。

もしお菓子作りをはじめようと思われた方は是非、飯塚有紀子さんのレシピに挑戦してみるのも良いかも知れません。

お菓子の教室もありますので、都内近郊にお住まいの方はいかがでしょうか?

スポンサード リンク