河野雅子(料理研究家)の夫と子供は?年齢やプロフィールも紹介!

料理番組も色々ありますが、その中でも王道で歴史ある番組が「きょうの料理」です。

「きょうの料理」はもう60年以上も続く長寿番組なんです。

今回は河野雅子さんについてフォーカスしたいと思います。

スポンサード リンク

夫と子供は?

さて河野雅子さんの家族構成に調べたところ有力な情報は得られませんでした。

しかし、4人家族の食事作りをヒントに家庭的で作りやすい料理のおいしさには定評があるらしいです。

そうすると家族は公表されていませんが、おそらく4人という事ではないでしょうか?

家族構成は本人と夫と子供2人というのが想像できますね。

4人家族の毎日の食卓から誕生した、手近な材料で簡単にできる家庭的なレシピに定評があります。

もちろん、旦那さんに関する情報もありませんでしたが、料理研究家の料理を毎日食べられるなんてうらやましい限りですね。

スポンサード リンク

年齢やプロフィール

ところでNHKの「きょうの料理ビギナーズ」という番組をご存知ですか?

実はビギナーズという訳もあって本当に簡単な料理が多いのです。

だからベテラン主婦だけでなく新米ママさんや一人暮らしの自炊している社会人や学生さんにも実は向いている番組なのです。

そして今回は、「きょうの料理ビギナーズ」にも出演していて初心者にもやさしい料理に定評のある河野雅子さんに焦点をあてたいと思います。

河野雅子の読みは「こうのまさこ」だそうです。

「かわの」ではないですよ。

間違わないように(笑)河野雅子さんは、料理研究家で栄養士です。

出身大学は、日本女子大学食物学科卒業だそうです。

食物学科には食物学専攻と管理栄養士専攻の2専攻があるようです。

しかし河野雅子さんに関しての情報は少なく年齢も不詳、出身地や高校も不明です。

大学では、食物学を専攻後、料理研究家になったそうです。

河野雅子さんはもう30年以上も家庭料理の第一線で活躍していらっしゃいます!

そう考えると年齢は50歳以上ということになりますね。

 

河野雅子さんは、『きょうの料理』をはじめ、テレビや雑誌で活躍中です。雑誌や料理本にも数多くのレシピを提供しています。

河野雅子さんは料理家である母親の影響で幼い頃から料理が身近に親しんでいたそうです。

しかし、そもそも料理研究家であったというお母様の名前も不明です。

大学の勉強した選考もそうですし、根っからの料理家で、料理一筋といった事には間違いないですね!

ところで、料理人は男性が多いのに料理研究家は何故女性が多いのでしょうか?それは料理人はどちらかというと、いかに美味しいものを限られた時間の中で作るか?という事が目的で、毎回が時間との闘い。

短期勝負です。

料理研究家というのは、おそらく食べる家族や彼氏などを想像して料理を作る訳で、健康面や栄養面で長期的にサポートするわけで、より女性目線が必要だと勝手に解釈してしまいます。

そう考えると女性の方が向いている職業なのかもしれません。

河野雅子さんは圧力鍋の使った料理を紹介しているようです。

例えば、『圧力鍋でタイム1/2クッキング』『圧力鍋であっ!という間』といったレシピ本があります。

角煮やカレーなどの定番レシピも、もちろん記載していますが、和洋のスイーツまで網羅したレシピ本です。

また、レシピ本は購入したくないって方は、楽天レシピやゼクシィキッチンにていくつかレシピを紹介されているのでそちらを先に確認してみるといいでしょう。

さて、圧力なべと言ったら何を想像しますか?定番と言ったら角煮です。

あのとろとろ感がたまらないですね。

店でしか出せない味かと思っていたら案外レシピ通りに作れば、思っていた味が再現できますね。

その他におすすめとすれば、独断と偏見で、カレーやシチューなどです。

こちらもとろける味を表現できるので、おすすめです。

さて圧力鍋の機能について少し調べてみました。

圧力鍋とは、食材を密閉受胎で通常より高い温度と大気圧以上の圧力により加熱して、比較的短時間で美味しくとろけるようなやわらかい料理をすることができる調理器具だそうです。

 

料理教室は?

これまでに20年以上、料理教室で講師をされていたとのことです。

今現在は特にレギュラーで実施している教室はないようです。

やはりテレビの番組や講習など日々忙しいという事でしょうか?

しかし、20年以上におよぶ料理教室での講師経験から、初心者の声を反映した「料理が上手い下手関わらずどんな人でも失敗しにくいレシピ」を作成し続けていらっしゃいます。

こう考えると河野雅子さんの料理を教えるスタンスはどちらかというと初心者目線で美味しい料理を教えていこうということころかも知れませんね。

そういった事を今までの料理教室の現場から生み出したのでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は料理研究家で栄養士である河野雅子さんについてご紹介しました。

年齢や出身地などはなかなか不明な点が多いですが、初心者目線での料理レシピには感動すら覚えます。

今後もビギナーズからベテランまですべての料理をする人に解りやすく美味しい料理を提供してほしいと思います。

ところで、ようやく猛暑から解放され涼しい秋に突入したわけですが、そんな時こそ秋を彩る美味しい料理が食べたくなります。

夏バテでなかなか食欲が無かった人も、食欲の秋になれば色々な料理を楽しみたいところです。

最近では女性に限らず男性でも料理を作る人が増えてきました。

料理を作る人にとって役立つものはレシピ本だったり、ウェブのレシピだったりしますが、気軽なものとしては、料理番組です。

何気なく見ている料理番組が実はかなりおいしそうで、なんだか料理を作りたい!と思ってしまいます。

料理番組の魔力ってすごいなーと思ってしまいました。

是非、河野雅子さんのレシピを参考にして下さいね!

スポンサード リンク