仙台七夕花火2019の打ち上げ場所や穴場は?駐車場や屋台もチェック!

スポンサード リンク

<script>” title=”<script>


<script>

地元で開催されているので私は毎年行っているのですが、仙台の七夕花火祭りを毎年見に行っています。

宮城県で一番大きくて、一番有名な花火大会です。

毎年仙台七夕まつりの前夜に開催される花火大会で県内外から多くの人が集まります。

スポンサード リンク

仙台七夕花火2019の打ち上げ場所

2018年は東北大学萩ホール敷地内でした。

2019年に関してはわかり次第情報をアップします。

穴場スポットについて

穴場なのですが、多少会場から離れてしまうところもあるのですが、仙台市や野草園近くの丘、青葉城址、宮城県庁展望台、東北大学川内キャンパス内が意外と穴場かもしれません。

近くで見ることはできませんが、中心部よりは混雑をさけて、しかもきれいな花火をみることができますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

仙台七夕花火大会の駐車場や屋台について

近隣にコインパーキングの駐車場はたくさんありますが、そのほとんどの駐車場が埋まってしまいます。

どこか空いているだろうと思ってくると後悔すると思います。

開催日の当日は午前中から車が混み合いますので電車で来た方がいいと思います。

屋台は当日はいろんなところで出店されますよ。

会場の近くに勾当台公園があるのですが、そこではいろいろな屋台が出展されています。

宮城県の名産品や、流行りのおつまみや、定番のかき氷やジュースやビールやワインなど、さまざまな飲食物を勾当台公園で調達することができると思います。

またアーケード街という商店街でもお店の前に屋台を出店してたりなど、とにかく仙台の街のあちこちでさまざまな屋台が出店されています。

中には石巻焼きそばや仙台牛串、仙台牛タンなど、宮城県の屋台でしか食べることができないものもたくさんあります。

花火を見ながらビールを飲んでおいしいおつまみをたくさん食べることができますよ。

仙台七夕花火祭2019の混雑状況は?

花火大会当日はとても混雑します。

2019年も例年通り混雑が予想されます。

宮城県で一番大きな花火大会なので、いろんな地域からたくさんの人が一気に仙台に集まります。

混雑しすぎてなかなか前に進めないほどです。

だいたい花火大会の開催日は午後から会場が混み合ってくるので、開始ぎりぎりに会場に着くと、見物場所まで時間までにたどり着けなかったりするので、早めに会場に着くようにしておくといいと思います。

本当に会場周辺は大変混雑するので、押されてけがなどしないように気を付けてください。

仙台七夕花火大会の見所や感想は?

見所はなんといっても約16000発という圧倒的な花火の打ち上げ数の迫力のある美しい花火なのではないでしょうか。

打ち上げ数がとにかく多いので、見ていて飽きることはありません。

常にバリエーション豊かな花火で私たちを楽しませてくれます。

悪い感想を持つ人はいないんじゃないでしょうか。

また、打ち上げ場所周辺はたかいビルやマンションがないので、どこから見てもきれいな花火がちゃんと見えるというのも見所です。

毎年見に行っても全然飽きず、その年ごとのテーマで見所満載の花火ショーを繰り広げてくれて毎年すごいという感想しかありません。

友達も悪い感想を言う人はいませんよ。

16000発という数の圧巻の花火大会ですのでおすすめですよ。

仙台七夕花火大会の場所取り

場所取りに関してはもう早いもん勝ちです。

道路が歩行者天国に切り替わる時間を見計らっていけばベストポジションで花火を見ることができます。

ただその場合にはすごく早めに行くのと、すごく混雑すると思うので場所取りは覚悟をもって挑まなければいけません。

また事前に有料の席を購入することもできますので、そちらもおすすめです。

仙台七夕花火祭の場所について!車で行ける?

仙台の桜ケ丘公園、仙台西公園の周辺で開催されます。

本当に仙台の中心部で花火を見ることができます。

仙台駅からは徒歩で行くことができます。

近くにコインパーキングなどはたくさんあるのですが、道路は一部通行止めになったり、駐車場はほぼ満車になってしまいますので、車で会場に来ることはおすすめしません。

電車で来ることをおすすめします。

まとめ

私が紹介した仙台七夕花火祭りは、宮城県が誇るとっても大きな花火大会です。

16000発の大迫力の花火をぜひ一度は見に来てほしいと思います。

とてもきれいな花火にうっとりしてしまいますよ。

混雑にはくれぐれも気を付けてください。

スポンサード リンク