タワーオブテラーの感想や楽しみ方!Qラインツアーもチェック!

1899年。

大富豪で美術品等収集家のハリソン・ハイタワー三世は「シリキ・ウトゥンドゥ」という呪いの偶像を手に入れる。

彼がオーナーをつとめる「ホテルハイタワー」においてそのシリキ・ウトゥンドゥお披露目パーティを行っている最中、とある事件が起こりハイタワー三世は姿を消してしまう。

その事故以来ホテルハイタワーは「恐怖のホテル(タワー・オブ・テラー)」と呼ばれるようになった。

そのホテルハイタワーでおきた事件を追体験する、フリーフォールタイプのアトラクションが
東京ディズニーシー、タワーオブテラー(TOT)です。

スポンサード リンク

タワーオブテラーに乗った感想について

まず、アトラクションの説明をみると利用制限があります。

公式サイトを見てみると。

身長102cm未満は乗れません。(つまりこどもはだめです。)

乗り物に1人で座れるひと。(座って乗れるアトラクションなんだなとわかります。)

アトラクションのご利用により悪化するおそれのある症状をお持ちの方はご利用をご遠慮ください。

妊娠中の方、高齢の方はご利用をご遠慮ください。

(激しく動くのだろう、なので高齢者や体が弱いひとはダメって書いてあるのです。)

ほかのスリル系ライドにも同じように説明が書いてありますが、これも演出なんだろうな。

と私は思います。

 

ディズニーリゾートに無駄はありません。

きちんと書いてあるからには、これは「怖いアトラクション」なんです。

わかりましたね(笑)

 

と、まぁ、アトラクションの中に入りました。

前に乗ったことのある子供やパートナーが「ぞうがでてくるよ」といいました。

私はそれが「像」ではなく「象(エレファント)」だと思いました(笑)

エレファントはでてきません。

あたりまえです。

とにもかくにも、アトラクションの建物すべてきれいです。

よくわかりませんが「ゴシック」です(正解かどうかは本当にわかりませんが)

ディズニーランド内でいえば、ホーンテッドマンションくらいゴシックです。

それだけでも満足できるほど内装がすきです。

女子大好物でしょう。

こういったところに楽しみかたがありますね!

 

そして、アトラクション自体は「エレベーター」です。

ほかにフリーフォールのアトラクションにのったことがないので、うまく比較できません。

そもそもディズニーリゾート以外の遊園地的なものには最初から興味がないのででかけていかないのです。

かなり高いところまで連れて行かれて…。

落ちます。

階数は考えなくていいです。

夜にのりましたので、ちらっとみえるパークはキラキラで最高です。

えぇ、最高ですよ。

だからといって、アトラクション内部で撮影はしないでくださいね。

すぐにキャストにはわかるようです。

なので、おちたときの記念撮影の写真はほしい人は買いましょう。

スプラッシュマウンテンと一緒です。

内部でラブラブなこともやめましょう。

ちゃんと記念にほしい人がいるんですよわかりますね!

 

知り合いで、病気になった人がいまして、

もうタワーオブテラーに乗ることが出来ないそうです。

そのため、以前、記念写真を「買えなかった」ので一生、買うことはないと言っていました。

いつでもいけるディズニーリゾートですが一生に一度のリゾートな人もいるのです。

その一生のうち一回のディズニーシーで、できたら、一度は体験してもらいたいアトラクションです。

ぜひ、楽しんでみましょう!

タワーオブテラーのQラインツアーもチェック!

Qラインツアーというのがあったりします。

Qラインってなんですか?

といわれても、そのアトラクションに並んでいるときの「場所」のことなんですがまぁ普通のゲストは知らなくていいです。

その内部の装飾その他を「キャストが説明してくれる」ツアーのことです。

タワーオブテラーでいつでも開催されているわけではありませんが。

もしそのチャンスがあれば、アトラクションに制限があって「乗れない」ゲストのひとも

ぜひ、参加してみたらいかがでしょう?

混雑状況もチェック!

基本的に混雑しています。

二月のいわゆる「キャンパスデー」の時期には特別プログラムとして通常とは違う挙動をするアトラクションになることもありこの場合は通年とおして一番混雑する時期となります。

パーク入園時すぐに人数分のファストパスを入手することで並ぶ時間を減少させることができますが
ファストパスを入手できなかったらあきらめることにしています。

タワーオブテラーの待ち時間や混雑状況そしてファストパスの攻略ならこちらもチェックしてください。

タワー・オブ・テラーの待ち時間と混雑状況は?ファストパスもチェック!

場所はどこにある?

東京ディズニーリゾート内東京ディズニーシーのともかく「おっきなたてもの」のことです。

SSコロンビア号のほうへむかってあるいていけば、悲鳴がきこえてくるのですぐわかります。

ファストパスの受付もアトラクションのすぐ横です。

どんな人におすすめ?

身長が102センチ以上でエレベータに乗って大丈夫で座れる、若い人。

酔いやすい人、多少怖がりなひと。

視力が低いひとだと、暗いと見えづらいかもしれません。

あとは元気な人、病気をもっていないひと。

妊娠中はあきらめてくださいお願いします。

スポンサード リンク

まとめ

とてもとてもディズニーランドがすきですきで年間パスポートをもってかよっていたくらいなのですが
わたし、ディズニーシーがあまり得意ではありません。

出産後、ようやくちょっと元気になったな、とタワーオブテラーにのりましたらとてもよかったのですが、年齢があがって、制限にひっかかるようになりました。

制限がはいると、いままで楽しかったアトラクションにも乗れなくなります。

どうか、乗れなくなる前に、元気なうちに楽しんでくださいね。

すてきな一日を東京ディズニーリゾートでお過ごしください。