おでかけ

【家族旅行におすすめ】熱海の観光スポットまとめ

家族におすすめの熱海の観光スポット
スポンサーリンク




「家族におすすめの熱海の観光スポットってどんなところがあるんだろう」と、悩んでいませんか?

実は私も熱海に行く前は「温泉の町」というイメージしかありませんでした。

しかし、実際に行ってみると確かに「温泉」は今も昔も有名で充実していますが、「温泉」以外にも家族で楽しめるところが沢山あるんです。

そして、今からご紹介する「家族で熱海に行ったら絶対に行きたいオススメの観光スポット」を読めば、「どこに行って良いかわからない・・・」そんなあなたの悩みを一瞬で解決することができます。

この記事を読んで、家族で熱海を思う存分、楽しんでしまいましょう!

スポンサーリンク



家族で熱海に行ったら絶対に行きたいオススメの観光スポット5選

私は夏休みには熱海に家族旅行で行きますが、実際に私が行ってみて楽しかった場所は、

[aside type=”boader”]

[/aside]

です。

特におすすめはマリンスパ熱海です。

その理由も後程解説していきます。

 

他にも、私が今後行ってみたいと思う場所も紹介します。

このおすすめ観光スポットを読めば、家族での楽しい思い出が残り、絆が結ばれる事でしょう。

それでは早速ご紹介します。

①熱海梅園

熱海梅園

一つ目に紹介するのが、熱海の穴場スポット熱海梅園。

どちらかというと落ち着いた雰囲気で大人が楽しむというイメージ。

ですが、後述するように休憩できる場所もあり、家族連れにはおすすめできる場所です。

 

熱海と言えば海や温泉に行くというイメージを持っている方は多いと思います。

しかし、熱海には熱海梅園という観光スポットがあります。

イベントは1月下旬~3月下旬までは熱海梅園梅まつりが開催され、紅葉の時期は11月中旬から12月上旬までは熱海梅園もじみまつりが開催されます。

さて、この熱海梅園へのアクセス方法ですが、公共交通機関の利用をお勧めします。

JR熱海駅から「相の原団地」行きバスにて約15分→「梅園」下車

熱海駅より伊東線にて約3分→来宮駅下車→徒歩約10分が一般的な行き方です。

最寄駅からは徒歩で行くことが出来るのでアクセスは良好ですね。

駐車場は100台完備されていますが、混雑時には満車となることもありますのでご注意ください。

駐車場は9時~17時までは300円(車種により変動あり)17時~21時は無料となっています。

夜はライトアップも楽しめるので昼とはまた違った様子を見ることが出来ます。

また園内で甘酒サービスや足湯があったりと普通の梅園とは違って、長い時間を過ごすことが出来ます。

その為、家族連れだとついつい疲れてしまいがちですが、このような休憩できるところあるのがありがたい所です。

 

園内に大きな売店等はありませんが、周辺地域に4か所ほどお土産物屋やカフェなどがあるのでそちらでの一休みもいかがでしょうか?

お土産屋さんは「仲見世通り商店街」「平和通り商店街」、或いは駅ビルのラスカ内でのお買い物をオススメします。

他にはあまりお店がないので注意してくださいね。

 

私もラスカ内でお土産を買うことが多いですが、一通りのものが揃っています。

デメリットとしては、人が多く混雑しているところと人の割にトイレが小さいのではないかと?

と思います。

 

熱海梅園の紅葉2018の現在の混雑状況は?駐車場やアクセス方法もチェック!

熱海梅園の紅葉2018の見頃の時期とライトアップをリサーチ!

②熱海城

熱海城

観光のための城、熱海城で遊ぼう。

熱海城は各階ごとに楽しみ方があります。

例えば、クイズがあるところもあり子供から大人まで楽しめるので家族連れにはおすすめです。

 

熱海城は観光目的で作られたお城ですが、独自の雰囲気のある癖になるお城です。

熱海城内には日本刀を持てるコーナーや足湯、江戸の不思議絵や資料館など色々なブースが階によって分かれています。

熱海城からの眺めも美しいです。

一方で地下にはゲームセンターがあり無料で楽しめるので、子供から大人まで家族で楽しめます。

不思議なお城ですが、どんどん引き込まれていく魅力があります。

アクセスは熱海駅からタクシーや路線バスを利用して大体15分前後で着くことが出来ます。

歩くのは厳しいかもしれません。

車で行く方は駐車場があります。

250台収容可能で500円で利用できます。

熱海城では大人1000円、子供500円の料金がかかります。

城内にあるトリックアートは別料金(大人900円、子供450円お城と合わせて買うと安いです。)なので注意してくださいね。

営業時間は、9時~17時(入場は16:30まで)で、定休日は年中無休です。

料金が別れていることが少しわかりにくいですが、楽しいお城を是非楽しんでください。

 

熱海城のアクセスと駐車場について!料金と割引は?ロープウェイもリサーチ!

③マリンスパ熱海

マリンスパ熱海のエントランス

一日遊べる温泉施設マリンスパ熱海へ行こう!

私も家族で遊びに行くときは必ずと言っていいほど立ち寄っています。

同じ施設内にプールと温泉がありますので、感じで家族で楽しめます。

オーシャンビューも美しく一日いても飽きません。

 

マリンスパ熱海ではプールや温泉が利用でき食事もできる施設です。

高校生以上は1340円で利用できます。小中学生は670円です。

しかし夏季では料金が違ってくるので注意してくださいね。

お盆の時期などは非常に込み合い午後には行列ができることもあるので、時期と時間を見て混雑時を避けるなどの工夫が必要です。

 

アクセス方法はJR熱海駅からバスが出ていますが、本数があまり多くないためマリンスパ熱海の近くに泊まるのもありだと思います。

車では85台しか駐車場がないために満車になる可能性が高いと予想されます。

マリンスパ熱海は流れるプールやウォータースライダー、温泉などあります。

基本的にはプールに行く用意をしておけば必要なものはすべて持っていけると思います。

マリンスパ熱海の料金と割引について!混雑状況と駐車場もチェック!

 

熱海といえば花火大会!花火大会のポイントは?

熱海は海があり、花火大会も有名です。熱海の花火大会は春夏秋冬全ての季節で行われるのが特徴です。

日程は4月の土日、7月、8月、9月、12月の日曜日です。

時間は20:20〜20:45の25分間です。

どの月も基本的には混んでいますので、夜も遅いので花火を見るときには周辺のホテルを取っておくのがベストでしょう。

他にも穴場として熱海城やMAO美術館の駐車場がありますが、やはりゆったりと見たい方はホテルを取るのがおすすめです。

またマリンスパ熱海では海が目の前のため花火大会が間近で見れます。

マリンスパ熱海に入るのにお金がありますが、花火大会までの間気兼ねなく過ごせます。

豪華に花火大会を楽しみたい方は有料スペースもあるそうなので要チェックですね。

熱海花火大会2018年の日程や混雑状況について! 見えるホテルや穴場スポットもリサーチ!

④熱海サンビーチウォーターパーク

熱海サンビーチウォーターパーク

海上アスレチックで遊ぼう!

熱海サンビーチウォーターパークは熱海サンビーチの中にあります。
大人も楽しめる海上アスレチック
です。

実際には私が行った時も大人が結構いました。

なので家族連れにはおすすめのスポットです。

大きさは40m四方のビーチアスレチックで滑り台やシーソー、トランポリンなどがあります。

 

監視員やライフジャケットの着用など安全面にも配慮されています。

利用は高校生が1時間1500円、小中学生が1時間1000円です。

小学生未満は利用できません。

小学生3年以下は保護者が必要となります。

利用時間は10時〜16時の1時間ごとの完全入れ替え制となります。

ルールが多いですがきちんと守って遊びましょう。

熱海サンビーチウォーターパーク2019の混雑や口コミ!駐車場はどこ?

⑤遊覧船サンレモ

遊覧船サンレモ

最後にご紹介するのは、遊覧船サンレモです。

海の上なので、船酔いなど船が苦手な人は敬遠するかも知れませんが、広大な海を見ることが出来き、楽しむことができます。

また遊覧船には海中展望室があり、窓から海の中の様子を見ることが出来ますので、子供から大人まで楽しめます。

また遊楽時間は約30分なので、飽きやすいお子様にもちょうどいい時間かも知れませんね。

家族で行くにはお勧めしたい遊覧船です。

大人1,300円・子供650円ですが、3歳未満も無料なので、小さなお子様連れがいらっしゃるご家庭にはおすすめです。

遊覧船サンレモ公式ホームページ

まとめ

熱海は海の街なので、やはりプール、温泉、海上アスレチックなどが人気がありますね。

それとは別に梅園などゆっくりできる施設や花火大会など誰もが楽しめるイベントも満載ですね。

 

この記事では家族におすすめの熱海の観光地やイベントを紹介しました。

是非、週末や大型連休の際に家族で行ってみてはいかがでしょうか?

初めて熱海に旅行する方もリピーターの方もぜひ参考にして楽しい旅をしてくださいね。

スポンサーリンク