レイチェルクーの現在と結婚について!プロフィールやレシピ本もチェック!

あなたは料理番組を見るのが好きですか?

日本には料理番組がありますが、もちろん海外でも人気の料理番組があり、その中でもイギリスの人気の料理研究家レイチェルクー(Rachel Khoo)がすごいです。

日本にはなかなかいない料理研究家ですね。

彼女の料理に関する魅せ方はおしゃれで独特です。

オリジナリティがあり、なんといっても世界中で人気があります。

さて、レイチェルクーの運営しているサイトもとても可愛らしく、本も出版している事に加え、フランス語とドイツ語も話せます。

その多才ぶりには脱帽します!

またファッションに関してもかなり注目度が高いです。

こちらについては別記事でチェックしてください。

レイチェルクーのファッションやメイクについて!ブレスレットや髪型についても調査!

現在はフリーランスで活躍していて、様々な食のプロジェクトに関わり、世界中を駆け巡っているそうです。

彼女の番組は、2012年にイギリスで初放送される訳ですが、それ以来、何と!世界100カ国あまりで放送されているのです。

やはりスケールが違いますね!

NHKのEテレでも彼女の元気な素顔が見れますよ!是非チェックです!

スポンサード リンク

現在のレイチェルクーは?

レイチェルクーの2018年現在が気になります。

レイチェルクー(Rachel Khoo)は2016年初頭にハックニーから、現在はロンドン北西部とストックホルムに住んでいます。

なんとくテレビに出なくなったなと思いませんか?

実は最近は子育て中という事もあって、テレビへの露出は少ないみたいですね!

と思っていたら2018年9月9日にランチイベントで来日するのです。

そして本が『レイチェル・クーのキッチンノート おいしい旅レシピ』という本も発売されます。

2018年秋になり、いよいよ本格始動しましたね!

そしてEテレでは、「レイチェルのキッチンノート」という番組が始まるので、レイチェルクーファン必見ですよ!

舞台はロンドン編とメルボルン編です。

今から楽しみですね!

スポンサード リンク

結婚について

2006年、レイチェルクーはパリに移り、そこで8年間住んでいました。

2014年に、ロンドンに戻り、ハックニーに移り住みます。

2015年にロバートウィックトーリン(Robert Wicktorin)と結婚しました。

彼女は2017年2月2日、彼女のブログで、2016年に妊娠及び出産したと発表しました。

プロフィール

レイチェルクーは 1980年8月28日生まれの2017年10月現在で37歳になります。

イギリス出身の料理研究家です。

ちなみに同じイギリスの料理人であるジェイミー・オリヴァーという人物もいます。

彼は、1975年5月27日 生まれで、2017年で42歳になります。イギリスのクラバリング出身者です。

恐らく同じイギリス出身の為、その存在はお互いに認識していることでしょう!

ジェイミー・オリヴァーさんの記事はこちら

ジェイミー・オリヴァーの妻と子供は?日本食や東京のレストランもチェック!

彼女は名門ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ・カレッジを卒業。

そして、ファッションブランドの広報担当を経験した後、フランスに渡します。

料理人やフードライターなど幅広く活躍します。

仕事場について

レイチェルの仕事場はパリのアパルトマンにあるかなり小さなキッチンです。

アパルトマンはパリにある日本で言うマンションのようですがお洒落感が半端ないです!

レイチェルクーのキッチンは、海外の絵本にあるようなお洒落でセンスがあります。

細部に至るまで可愛らしいです。

カラフルで楽しくなるような小さなキッチンから生み出されてお料理やお菓子作りは、まるで自分がキッチンにいるかのような錯覚になりますね。

彼女のキッチンで料理を作っている姿や笑顔を見ていると、なんだか元気が湧いてきます。

舞台がパリという事もある為、レイチェルクーが市場に買い物に行ったり、頻繁にパリの美しい街並みが映し出され、彼女のファッションセンスも良いですし、見ているだけでパリを旅した気分になり楽しいんです。

レシピの他、道具やキッチンの造作や色使いは参考になります。

一度見たら忘れない、人を引きつける魅力を持った女性です。

さて彼女自身がイラストも手がけているようですが、食材がイキイキとして、可愛らしく描かれているそのイラストは、かなりのセンスの良さを感じますね。

出身は?

レイチェルクーの出身は、イギリスの南ロンドン郊外クロイドンです。

彼女にはマイケル(Michael)という弟がいます。

彼女はブロムリーの小学校に通っていたそうです。

レシピ本

出版と同時に初版が売り切れたという、レイチェル・クーさんのレシピ本です。

レシピの数は120品です。

レシピひとつひとつに綺麗なカラー写真が入っています。

料理本はもちろん、写真集としても十分楽しめる内容です。

やはり、彼女の独特なセンスが生かされています!

日々の食卓の料理からピクニック料理、ティータイムのスイーツまで、すぐにキッチンで作りたくなってしまうような料理ばかりです。

英語が苦手!という人にはもちろん日本語版も出ています。

ぜひこの本を手に入れてみて、レイチェルクーさんの料理を挑戦してみましょう。

父親と母親は?

レイチェルクーの父親と母親はどんな人物なのでしょうか?

彼女の父親は中国系マレーシア人で、マレーシアで起こった5月13日事件の1年前、1968年に16歳でマレーシアのイポーからイギリスに移住してきたそうです。

その後、彼は、オーストリア人である女性と出会い結婚しました。

アジアン要素があったのは、父の影響だった為ですね!

レイチェルクーが12歳の時、父親のITの仕事の関係でドイツのミュンヘン郊外の田舎に4年間住んでいました。

学歴や経歴は?

レイチェルクーが16歳のときに、家族はイギリスに戻ります。

そして彼女はセントラル・セント・マーチンズという大学に通い、芸術とデザインの学位を取得しました。

さて、ロンドン芸術大学には6つのカレッジがあり、そのうちの一つがセントラル・セント・マーティンズです。

ロンドン中心にあるキングスクロス駅のすぐ近くにある立地の良さも特徴ですね。

実は、ハリーポッターの観光名所として有名な駅なんです。

ロンドンに旅行に行く際には是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

彼女は大学を卒業後、高級ファッションブランドであるThomas Pinkの広報担当者として2年間働いていました。

そしてフランス語を知らないのにも関わらず、パリのLe Cordon Bleu(ル・コルドン・ブルー)で3ヶ月の製菓コースを受講したそうです。

この学校は世界に35箇所も学校があり、その実績は確かなものです!

パリに住んでいる間、オーペア(海外にホームステイして語学などを勉強すること)をして高級デパートで香水などを販売する仕事をしていました。

フランス語で青のリボンの意味を持つLe Cordon Bleu(ル・コルドン・ブルー)という料理学校の製菓課程でディプロム(免状や資格の事)を取得します。

卒業後、彼女は、パリの料理書専門店やティーサロンなどを経営している「ラ・ココット」に勤めたあと、ケーキづくりやケータリングの腕を磨きました。

その後は自分のアパートで席数たった2つのレストランを開いたところ、話題になり、その後、フランスやオーストラリアやニューヨークなど多くのメディアにも取り上げられれる程になります。

やはりどんな環境でも実力がある人は成功するんですね!

最後に

彼女はもともと料理人だった訳では無く、ロンドン芸術大学のカレッジの一つセントラル・セント・マーティンズを卒業しています。

その後、ファッションブランドの広報をしています。

このような美術的なセンスが料理やキッチンにもうまく表現されています。

料理番組は普遍的に人気があるので、今後も魅力ある料理方法を世界に発信して欲しいです!

いつかは来日して日本の料理研究家との対決なんかあっても面白いですね!

最後に、アメリカの実務家で料理番組にも多数出演しているマーサ・スチュワートさんをご紹介します。

もし興味があれば、こちらもお読み頂ければと思います。

マーサ・スチュワートの現在は?結婚と離婚が気になる!元夫と娘もチェック!

スポンサード リンク